パーフェクトパートナー様との協業パートナーとしてのスタート K様(50代男性・不動産業)

協業パートナー


きっかけ
私は以前、不動産会社に勤めており、お客様に戸建やアパートを仲介していました。
しか し、ある日突然スイッチが入り、「なんで自分で所有しないの?」と強く思ったのです。 また、現在の仕事をしながらも、他に収入を得られることに気が付いたのも理由の一つですね。


重要性
管理の重要性
実は、1棟目は他社から中古物件を購入し、同時に管理も任せていました。しかし、月日が経っても購入時に空いていた部屋がなかなか埋まらないというときに、パーフェクトパートナー様にお会いしたのです。
元々、同業者なのでつながってはいたのですが、改めて空室対策の相談にのってもらいました。 そこで、一度部屋を見てもらい、「お金をかけなくても自分で修理をしたり、入居者の目線で小さなキズを直すなど少し手を加えることで見栄えも変わりますよ」とアドバイスを受けました。
管理の重要性
また、「管理会社だけにリーシング(客付け)を望むのではなく、オーナーとなった場合、様々な不動産会社に一オーナーとして出かけ、入居者獲得のご相談をしてください。顔馴染みになり応援してくれます、いろいろと周ったほうがいいですよ最近の家賃相場や環境の変化など様々な情報も入ります、「少々熱心が丁度よいです、時にはあなたに来てほしくないからお部屋を決めてもらえる…なんて事も(笑)」とも言われました、満室稼働が目標ですから結果オーライです。

パーフェクトパートナー様のアドバイスを実行したら、実際に満室になりました。 そこで、根本的な管理のアドバイスをいただいたのをきっかけにして、新しい物件をパーフェクトパートナー様から購入し、管理もお願いすることになりました。


プロの心強い言葉
kyogyo-07
営業の方が親身になって相談にのってくれ、一緒に考えてくれるので、お互いの信頼関係が築けているところでしょうか。
オーナーとしての動き、心構えもすべて教えていただきました。
また、時間があったら営業の方と打ち合わせをして、実際に部屋を見てもらい、メリットとデメリットを言ってもらいます。

やはり、実際にプロの目で見てもらうことがとても大切だということを痛感しました。 あとは、入居率の高い物件を紹介してくれるので、融資が有利に働くところも魅力的ですね。
稼働率が高い優良物件を紹介してくれるので、将来を見越した上で、収益不動産を取得できるプランを想定して購入を勧めてくれるところですね。


転職
収益不動産を3棟所有することにより、キャッシュフローがあることで、生活にゆとりが生まれました。
現在は、勤めていた会社を辞め、個人で不動産の仲介業のようなことをしています。それと同時に法人を立ち上げるための準備をしています。今は、自己資金をもう少し蓄えて、次は新築物件を購入しようと考えています。
転職をして、自分の好きな職に向かえていることが最大の幸せかもしれませんね。

初めての中古アパートを購入ときに、自分でできる空室リフォームのアドバイスを受けました。
やりだしたところ、熱が入ってしまい、思った以上に時間がかかったことですね。何でも自分でやろうと考えてしまうと苦労しますね(苦笑) ただし、2棟目、3棟目に関しては、自分の時間をリフォームに使うよりは、業者に依頼したほうが価値があるのではないかと思い、パーフェクトパートナー様が紹介してくれた業者の方と打ち合わせをして、リフォームをお任せしました。
そのおかげで、自分の時間に余裕を持つことができましたね。


勇気を持って行動
まずは、最初の一歩を踏み出してください。電話をしてみたり、営業の方と会ったり、店舗を訪れたりしてみてください。
目標物件を見つけたら、それに必要な諸費用を割り出して試算してみましょう。
購入の諸費用を用意できたら、または準備できそうならスタートです!