土地付き1棟保有と区分所有はどちらがお得なのでしょうか。

tochi

区分所有と1棟もの、どちらを選択するかは、オーナー様の属性、財務内容、目的によって変わってくると思われます。
tochi-02
tochi-03
区分所有とは、いわゆるアパートやマンションの1部屋を購入することです。
不動産投資をこれから始めようとする個人の初心者には向いていると思います。
なぜなら、小額の投資で始めることができるからです。
そして、管理や修繕はマンション全体で行うので、個人の手間がかかりません。
ただ、規模は小さいので、収益を上げるためには時間と手間がかかります。
今後、大きな収益物件を購入するためのスキルアップとして始めるという考え方もあります。
tochi-04
tochi-05
tochi-06
tochi-07
いわゆる土地+上物のことをいいます。
自分の考え・行動でコントロールすることができるので、区分所有とは違い、リフォームなども自由に行うことができます。
tochi-08
tochi-09
tochi-10

それぞれのメリット・デメリットを比較してみると、区分所有は小額で始められることができますが、
修繕などをする場合、他のオーナー様の意見を聞かなければ何もできません。
一方、土地付き1棟買いは、空室のリスク分散、収入の安定性、収益が大きい資産形成が期待できるといえます。また、自分の考え・行動でコントロールすることができるので、区分所有とは違い、リフォームなども自由に行うことができます。
プロに管理を任せられるのであれば、時間にもゆとりが生まれます。
また、ローンも組みやすく物件の評価額も高いので、ローンの支払いが終了すると、土地が手に入ります。
その土地をどのように活かすのかはオーナー様次第です。
大きな収益を上げたいと思うのであれば、土地つき1棟ものをお勧めします。